いまだ生を知らず

文章が書きたい時に書く場所をと思って作ったこのブログ。
しかし今文章を書きたい時なのかと訊かれたらNoだ


それはさておき

自身の考えを言語化したくないというようなことがよくある
もしかすると今もそういう時かもしれない
(ではなぜここに文章を書いてるのかは訊かないでほしい。というより訊かれても答えられない)
言葉で表すのが怖いというわけでもないし、普段日本語という言語を使って考えている以上あてはまる言葉が全くないという訳でもないはず
(実は何も考えてないという話もある)
うまくこれを表現できる日本語が降ってくるのを待っているのか、はたまた何か別の原因なのか。

私はよく(というほどの頻度でもないが)美術館に絵を見に行く
先日も美術館へ行ったのだが、なにかがいつもと違う
絵の横に掲示(?)されている解説を読んでいたら気分が悪くなった
誰かが解釈して文章化した解説の存在が許せないというか、その解釈を押し付けられているような錯覚を覚えたというか、周りに誰もいなければ泣き出していそうなほどで、とにかく一刻も早く会場を抜け出したかった。
その画家がどういう思いでその絵を描いたか知るよしもないではないか。
現在見に行きたい展覧会はいくつかあるのだが、足を運ぶには非常に勇気がいる。
捨てなければいけない機会もあるのだと先日学んだばかりなのだがどうしようか。

同じような話が音楽にもあてはまっていて、最近は自分で楽器を手に取ることからも誰かの音楽を聴くことからも遠ざかっている
練習しなかったら下手になるから余計弾きたくなくなるのにね




ほーら見ろ気が進まない時に無理矢理文章書いたら気持ち悪い日本語になったじゃないか



  1. 2012/01/11(水) 22:02:17|
  2. 未分類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
<<No title | HOME | No title>>

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://8zw.blog.fc2.com/tb.php/9-711f3726
Use trackback on this entry.