いまだ生を知らず

少し前からネット上で1月25日に大地震が発生するという話が流れていた。
私はそれに対して少々怖くなりながらも「ふーん」くらいで済ませていたがその話はどうでもよい。
(信じるのはちょっと馬鹿らしいけど完全に地震なんて起こるはずないと決め付けるのも根拠がないと思ってた)
しかしその話を聞いてから少々思うことがあった。

もし本当に25日に大地震がこの近くで起こればもう命はないかもしれない。
はいあなたは明日地震で死にますよ、と言われたようで特に今日1日は複雑な思いを抱いていた。
もしここで死んだらこの20年ちょっとの間なんと勿体無い生き方をしていたことか。
何かの下敷きになりながらこんな思いで死ぬのを想像していると、やるせない気持ちでいっぱいだった。

幸い25日に大地震は起こらなかった訳でほっとしてはいるのだが
今日地震が起きて、あるいはまた別の何かが起きて今日で人生が終わる可能性だってもちろん0ではない。
こんなに恵まれた環境を生かさずに終わるのはなんと罪なことだろう。
私の性格上どんな人生を送っても終えるときには後悔するのだろうが、
折角の1度きりの人生
好きなことを探してそれを実行して、そして少しでも周りの人の役に立ってから終止符を打ちたい。

ところで、今日は私の所属していないとある団体に混じらせてもらって飲み会に行ってきたのだが
今日もまた私が何も知らないことを痛感させられた。
一生をかけて学んだってこの世界のほんのわずかしか知ることができないとは知っているものの
生きている間に少しでも多くのことを知って、少しでも知見を広げたいものである。

地震の予告をしてくれた人へ。
本当に予知夢を見て警告を発してくれたのか単に騒ぎを起こすために書き込んだのか私は知らないけれど
いろいろと考える機会をありがとうございました



  1. 2012/01/26(木) 01:29:34|
  2. 未分類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
Previous page Next page